29452.jpg
S__80085012.jpg
アートボード 1.png
文字2(外壁症状)_edited.png
アセット 1.png
文字2(外壁症状)_edited.png
矢印_edited.png
文字2(外壁症状)_edited_edited.png
文字2(外壁症状)_edited_edited.png
S__9715723.jpg
文字2(外壁症状)_edited_edited.png
S__39329928.jpg
文字2(外壁症状)_edited_edited.png
塗装工事が必要な時期です_edited.png

築10年以上経つ場合や、上記の症状が見られる場合は、塗り替え時期の目安になります。

緊急度が高ければ高いほど、雨漏れの危険性が高まります。雨漏れが起きるということは、内部の柱等が腐食している可能性が高くシロアリや耐震に問題が出たりなど、様々な面でお住まいにダメージが出てきます。定期的なお手入れ、早期の対応が大切なお住まいを守る事につながります。

ワンランク上の_edited.jpg
アートボード 1_edited.png

お住まいのダメージは、立地・環境・状態によって様々です。塗装作業を行う前に外壁の浮きや亀裂、腐食部分を適切な補修作業を行いしっかり直してから塗装作業を行う工事になります。

亀裂部分や腐食部分は、特に何も行わないで塗装作業を行ってしまうとせっかくのメンテナンスが無駄になってしまいます。

大切なお住まいをお任せいただく以上、安心や喜んで頂ける工事をご提供してく当社では、修繕塗装工事を行います。

屋根補修
屋根補修

腐食した部分を研磨作業を行いフラットにします。

press to zoom
屋根亀裂補修
屋根亀裂補修

亀裂部分にコーキング剤を打つ事で、再び亀裂が起きないように予防できます。

press to zoom
外壁亀裂補修
外壁亀裂補修

屋根と同様になりますが、塗装作業を行う前にコーキング剤を使用し亀裂補修を行います。

press to zoom
ベランダ補修¹
ベランダ補修¹

ーbeforeー 腐食したベランダになります。

press to zoom
ベランダ補修²
ベランダ補修²

補修作業を行い塗装工事を行うことで凸凹感もなく綺麗なベランダに代わります。

press to zoom
ベランダ防水補修¹
ベランダ防水補修¹

野地板を使用し、腐食した部分に補修作業を施します。その後仮止めを行ってから防水作業に入ります。

press to zoom
ベランダ防水補修²
ベランダ防水補修²

野地板を使用するので少し凹みが出てしまいますが、きれいに仕上げることが出来ます。

press to zoom
屋根棟板金補修工事¹
屋根棟板金補修工事¹

棟板金の補修工事になります。定期的なメンテナンス無しの築15年以上経ちますと比較的このような状態になっている場合が多いです。塗装工事を行う前に交換工事を行います。

press to zoom
屋根棟板金補修²
屋根棟板金補修²

中の板からすべて交換することで雨漏れ予防にも繋がります。この後、塗装作業を行います。

press to zoom
アセット 8.png
1、足場設置
1、足場設置

足場の設置を行います。 屋根や二階など、高い位置を塗装するために足場を組みます。塗料などの飛び跳ね防止のために足場の外はメッシュシートを被せます。

press to zoom
2、高圧洗浄
2、高圧洗浄

屋根・外壁にこびりついた汚れ・カビやコケを高圧の水流によって落とし、塗料の粘着を良くするために行う作業です。外壁だけでなく鉄部などの細かな部分まで念入りに洗浄します。

press to zoom
2、高圧洗浄²
2、高圧洗浄²
press to zoom
3、養生
3、養生

塗装を行わない面に塗料がかからないようにシートや養生素材(マスカー)、マスキングテープなど粘着が弱いテープを使用し覆います。粘着が弱いテープを使用することに対し雨天等で剥がれたりするのではないかとご不安になると思います。強度が強い(ガムテープやビニールテープ)ものを使用した場合、外壁を傷つける恐れがあり、養生張り工事には、マスキングテープを使用します。

press to zoom
4、屋根塗装¹
4、屋根塗装¹

屋根は、太陽の光を一番に受けるため、遮熱塗料を使用し塗装します。 瓦屋根の場合は漆喰補修工事を致します。

press to zoom
4、屋根塗装²
4、屋根塗装²

屋根塗装中塗り

press to zoom
4、屋根塗装³
4、屋根塗装³

屋根塗装上塗り

press to zoom
4、屋根塗装⁴
4、屋根塗装⁴

屋根塗装仕上げ塗り後の写真です。

press to zoom
5、外壁塗装・下塗り
5、外壁塗装・下塗り

下地塗料は、接着剤の役割があります。中塗り・上塗りの塗料の密着性を高める効果があり、細かな部分まで念入りに塗ることで塗膜剥がれ等の防止に繋がります。

press to zoom
5、外壁塗装・中塗り
5、外壁塗装・中塗り

下塗りと上塗りの中間に塗りつける層のことです。 平滑な下地を作ることや上塗り材の補強が目的です。仕上げの効果を高めます。 中塗りと上塗りは同じ塗料を使用します。

press to zoom
5、外壁塗装・上塗り
5、外壁塗装・上塗り

仕上げの塗装となります。中塗りと同じ塗料を使用します。寿住設リフォーム塗装は、下塗り・中塗り・上塗りの三回塗りで行います。(※クリアは、二回塗り)お客様のご要望に合う塗料を各種揃えております。

press to zoom
6、シーリング工事
6、シーリング工事

外壁サイディングのボードとボードの間にシーリング材を埋め込む工事です。 水密性・気密性を目的とし、目地や隙間などに合成樹脂や合成ゴムのペーストを充填します。 シーリング材が外壁に付着しない様、マスキングテープで囲います。 この写真は、シーリング材の癒着を良くするために埋め込む前に繋ぎ目の細かな汚れを取り除きます。

press to zoom
6、シーリング工事²
6、シーリング工事²

シーリング材が気泡が入ることがなく均等に埋め込む様子です。

press to zoom
6、シーリング³
6、シーリング³

左側の写真は、シーリング前の写真。 右側は、シーリング工事後の写真です。 ひび割れがあった部分がなくなったことが写真でわかります。

press to zoom
7、ベランダ防水工事
7、ベランダ防水工事

ベランダの防水加工が劣化すると、雨水が下地に侵入して雨漏りを起こしてしまいます。ヒビ等の補修も行い、防水加工をほどこします。

press to zoom
8、足場解体
8、足場解体

足場を解体し、すべての作業が終了します。 解体前に担当営業が最終チェックにお伺いします。 外壁にムラが無いか、 細かな部分も抜かりなく塗装できているのか。お客様の立場となり念入りにチェックさせていただきます。

press to zoom

​GALLERY