住宅塗装工事がなぜ必要なのか

雨漏れの怖さ寿住設リフォームだからこそのご提案

外壁・屋根塗装工事は、一般的にお住まいを綺麗にする為に存在するものだと思われています。弊社は、塗装工事の本当の良さは、何か。なぜ、必要なのか。一人でも多くのお客様に住宅の事・塗装の良さについてまとめさせて頂きます。

住宅塗装は、外壁・屋根に専用の塗料を塗ることです。一般的に美観を保つ為にする工事と捉えられていますが本来の目的は、『外壁・屋根を保護』をすることです。雨や風、夏場の暑い時期から寒い時期、どんな状況でも守ってくれるお住まいだからこそ様々なダメージが与えられています。

塗装工事を行う時期は、『建てられてから10年』と言われている理由が住宅のダメージが目に見えて解るようになる時期でもあり、雨漏れに直結するような生活に不具合が起きる時期でもあるからです。

お住まいが塗装を行う時期なのか、早急に塗装を行う必要性があるのか。下記の様なサインを出します。一度、外に出て確認してみてください。

住宅塗装とは?

​塗り替えの時期・お住まいは大丈夫ですか?

大切なお住まいからサイン見過ごしてませんか

​藻やカビが目立ってきた

​外壁にヒビ割れがある

シーリング材のひび割れや

切れている所がある

​高

当てはまる症状があるのであれば、塗替えの時期です。外壁や屋根を保護する必要があります。雨漏れ等の被害がなくとも、内部に水の侵入経路がある可能性があります。どこから浸入してくるのか、下記のトピックから10年以上経った時の屋根の状態など事細かに説明致します。早急に知りたい!お住まいは、大丈夫なのかご不安なお客様。弊社では、ご希望のお客様には現地調査の際にお客様のお住まいの何処から水が侵入しているのか。屋根の劣化や外壁の状態を判断した『状況報告書』提出いたします。

お客様にとって大切なお住まいだからこそ、弊社が少しでもお力になることが出来たら幸いです。

​屋根の劣化や外壁に亀裂が出来る理由

​衝撃を与えてないのになぜ?

外壁は、亀裂や劣化など判断できても、屋根がどうなっているのか、目視では見えない部分でもあります。

築10年から15年経った時の屋根はこのような状態になっています。

屋根の劣化は、家を守る機能が十分に果たす事が難しくなっている状態を意味します。

写真をご覧になって頂けたら、解りますが色褪せや・汚れ・部材の割れ・欠けなどがあり

瓦屋根の場合は、漆喰部分が朽ちているのが解ります。

夏の強い日差し・雨の酸による剥がれや錆などの影響によるものです。

劣化している屋根の棟は、雨水が大変多く住宅内部に侵入しています。

​写真を参照ください。2日前に雨が降った時の棟の支え柱です。

雨水が侵入していることがわかります。

補修を行いつつ塗装工事をすることで、未然に防ぐことが出来ます。

​外壁も同様です。

築10年以上経ったお住まいから、ひび割れやシーリング材の劣化・ベランダ防水の亀裂・塗膜の剥がれなどから、水の侵入経路があります。ひび割れが起きる原因として乾燥や外壁の水分蒸発・冬場の地震による影響がひび割れを起こします。

ひび割れが大きいものと小さいものでは、工事方法も変わっていきます。確かな目と適切な工事が大切なお住まいを守る為に必要となります。

亀裂などが気になる点があっても住宅塗装は、雨漏れしてからでもいいのでは?と思われがちな所があります。

人の病気と同様、初期症状からの対策が住宅でも必要になります。

雨漏れのメカニズムは、屋根の劣化・外壁のコケやカビの発生による水染み・外壁の亀裂、シーリング材の剥がれやベランダ防水の亀裂などを経由して住宅内部に侵入した雨水が断熱材や防水シート・柱などに含み、含み切れなくなった場合オーバーフロウする事で壁の染みや『ポタポタ』と雨漏れが始まります。

雨漏れしている住宅の内部です。

​雨漏れの条件

​雨漏れした時の住宅内部

雨漏れが始まると住宅の内部はこのような状態になります。柱の劣化が酷く見られます。住宅の耐久性にも問題が出てくるため、住宅塗装+補強作業も必要になります。現状雨漏れしていないからと、雨漏れしてから考えよう。その後回しが上記の写真のような状態に刻一刻と近づきます。築10年以上のお住まいから、侵入経路や侵入形跡が見られていきます。梅雨の時期や台風の時期では、連日続く雨の影響で中の雨水を含んだ柱が渇くこともなくジメジメした気候がカビの発生を余儀なくされます。予防策として、お住まいの劣化を悪化させないためにも住宅塗装工事が必要となります。

​塗料の種類

​本当に良い塗料とは?

塗料は、たくさんのメーカー種類があり価格帯も様々でございます。

この塗料が良いと弊社では、はっきりお客様にお伝えすることが出来ません。

弊社では、どんなにいい塗料でも職人の腕が伴わなければ良い仕上がり・良い質を得られる事が難しく、逆に安い塗料でも職人の腕が良ければ良質のものが出来ます。また、お住まいの外壁の種類や屋根によって、使用する塗料を使い分けなければなりません。数多くの塗料のご用意を弊社ではしていますが、お住まいの状態によって適さない場合がございます。ご質問・この塗料を使用したいご相談は、お電話またはWEBからお問い合わせください。

今よりももっと高いクオリティを目指して、お客様に大切なお住まいをお任せ頂いた以上、ご信頼して頂ける様しっかりとしたご説明・安心して頂けるような施工を弊社では心掛けています。

住宅塗装は、綺麗にすることは第一条件ですが、一番大切なのはお客様のお住まいの状況・状態を判断し、補修・補強しつつ塗装を行う事で、雨漏れ予防・耐久性の強化・コケやカビの発生予防対策にしっかり取り組んだ施工を行います。

その為、外壁の亀裂一つでも補修方法は、異なります。

油膜剤やコーキング材を入れる方法や浅いヒビは、削る方法など、プロの目で判断します。

何度も伝えさせて頂いていますが、『住宅塗装工事は、お住まいを守る為に必要な工事です。』大切なお住まいをお任せ頂いた以上、弊社では【当たり前の事に拘る】ことが今よりももっと高いクオリティを提供することが出来ると考えております。

 

お住まいの事でご質問等ございましたらお気軽にご相談ください。

現地調査・御見積は、無料!現地見積もりに限りその場で発行させて頂きます

住宅塗装工事工程

​寿住設リフォームの施工

住宅塗装工事の工程になります。お客様のお住まいは、気候状況に応じ変わりその都度推薦する塗料も変わっていきます。ご紹介するのは、屋根(パーフェクトクーラーベスト)外壁(水性セラミシリコン)を使用したものとなります。ご参考にして頂けたら幸いです。

1、足場設置
足場の設置を行います。
屋根や二階など、高い位置を塗装するために足場を組みます。塗料などの飛び跳ね防止のために足場の外はメッシュシートを被せます。
2、高圧洗浄
屋根・外壁にこびりついた汚れ・カビやコケを高圧の水流によって落とし、塗料の粘着を良くするために行う作業です。外壁だけでなく鉄部などの細かな部分まで念入りに洗浄します。
2、高圧洗浄²
3、養生
塗装を行わない面に塗料がかからないようにシートや養生素材(マスカー)、マスキングテープなど粘着が弱いテープを使用し覆います。粘着が弱いテープを使用することに対し雨天等で剥がれたりするのではないかとご不安になると思います。強度が強い(ガムテープやビニールテープ)ものを使用した場合、外壁を傷つける恐れがあり、養生張り工事には、マスキングテープを使用します。
4、屋根塗装
屋根は、太陽の光を一番に受けるため、遮熱塗料を使用し塗装します。
瓦屋根の場合は漆喰補修工事を致します。
4、屋根塗装²
屋根塗装中塗り
4、屋根塗装
屋根塗装上塗りです。
4、屋根塗装³
屋根塗装仕上げ塗り後の写真です。
5、外壁塗装・下塗り
下地塗料は、接着剤の役割があります。中塗り・上塗りの塗料の密着性を高める効果があり、細かな部分まで念入りに塗ることで塗膜剥がれ等の防止に繋がります。
5、外壁塗装・中塗り
下塗りと上塗りの中間に塗りつける層のことです。
平滑な下地を作ることや上塗り材の補強が目的です。仕上げの効果を高めます。
中塗りと上塗りは同じ塗料を使用します。
5、外壁塗装・上塗り
仕上げの塗装となります。中塗りと同じ塗料を使用します。寿住設リフォーム塗装は、下塗り・中塗り・上塗りの三回塗りで行います。(※クリアは、二回塗り)お客様のご要望に合う塗料を各種揃えております。
6、シーリング工事
外壁サイディングのボードとボードの間にシーリング材を埋め込む工事です。
水密性・気密性を目的とし、目地や隙間などに合成樹脂や合成ゴムのペーストを充填します。
シーリング材が外壁に付着しない様、マスキングテープで囲います。
この写真は、シーリング材の癒着を良くするために埋め込む前に繋ぎ目の細かな汚れを取り除きます。
6、シーリング工事²
シーリング材が気泡が入ることがなく均等に埋め込む様子です。
6、シーリング³
左側の写真は、シーリング前の写真。
右側は、シーリング工事後の写真です。
ひび割れがあった部分がなくなったことが写真でわかります。
7、ベランダ防水工事
ベランダの防水加工が劣化すると、雨水が下地に侵入して雨漏りを起こしてしまいます。ヒビ等の補修も行い、防水加工をほどこします。
8、足場解体
足場を解体し、すべての作業が終了します。
解体前に担当営業が最終チェックにお伺いします。
外壁にムラが無いか、
細かな部分も抜かりなく塗装できているのか。お客様の立場となり念入りにチェックさせていただきます。
もっと見る

​寿住設リフォームの塗装について

​今よりももっと高いクオリティを目指して

現地調査・御見積は、無料です。

​お見積もりをその場で出させて頂きます。

♢本社

 東京都青梅市東青梅3-5-12 東青梅柴田ビル3F

 TEL:0428-78-4754

 FAX:0428-78-4753

 

♢埼玉支店

 埼玉県坂戸市にっさい花みず木3-23-23

 TEL:049-292-0955

♢群馬支店

 群馬県伊勢崎市連取町3003-5連取バザールD4

 TEL:0270-75-2235

 FAX:0270-75-2245

お支払方法

♢銀行振り込

♢各種クレジットカード対応

♢スマホ決算サービス・PayPay

 

メンテナンス事業部 委託会社

株式会社 YMN

埼玉県さいたま市桜区田島5-10-5

TEL:048-864-8011

FAX:048-864-8017

フリーダイヤル:0120-800-594